Amacho 尼崎彫刻工業 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1-40
TEL 06-6427-6422
FAX 06-6423-5471
 
ホーム 刻印関連 彫刻機器販売 会社案内 関連リンク
ホーム彫刻機器販売Epirog laser mini/Helix-構成

     
   
 
   
Epilog Laser(エピローグ レーザー彫刻機)

mini・Helixは、使いやすさをそのままにメンテナンス性・

操作機能を充実させたレーザー彫刻機です
 
        

TOP詳細構成ドライバ仕様サンプルデモ動画価格表

ハイスピード   簡単にアクセスできるダンパー式ドロップダウンドア
ヘッド周りの軽量化、リニアガイドの使用により、mini・Helixシリーズでは1651mm/secでのハイスピード彫刻を実現しました。従来機より更に短時間で品物を仕上げることができます。 正面からの材料出し入れ、及びメンテナンスを容易に行うことができます。両端に取り付けられているダンパーはドアの開く角度を90度に固定させると共に衝撃を吸収します。

※ ドアを素早く開閉したい場合や開く角度を90度以上にする場合は、このダンパーを解放することができます。
使いやすくなった作業テーブル   
ベクターグリッドとタスクプレートの厚みが増し、強度がアップされました。これにより平面度を保てる期間が従来に比べ長くなります。

※ Mini24とHelix24では従来に比べZ軸ストロークが12.7mm減少しました。ロータリーアタッチメント装着時やMini18には影響ありません。
 
取り外し可能なダストトレイ
ベクターカッティング作業で発生した切りくずを除去するために、正面のドロップダウンドアを開いて切りくずトレイを引き抜くことができるようになりました。これは火災の危険性やシステムトラブルの低減に大きく貢献します。
 
作業テーブルの収納棚   レーザー冷却ファンの動作音を低減
作業テーブルを使用中でないときに収納できる棚がフロアスタンドに組み込まれました。これによりスペースが広くない場所でも作業テーブルの置き場所に困ることがなくなります。収納棚にはベクターグリッド、タスクプレート、及び切りくずトレイを納めることができます。これはロータリーアタッチメントを使用する際にとても役立ちます。

※ Mini18とMini24はオプション
  新しいレーザー冷却ファンを採用し、動作音を従来に比べ15dB以上も低減しました。これにより同型のレーザーシステム市場の中ではトップクラスの静音環境を実現しています。
         
自動昇降テーブル     ジョブデータの保存機能
ワークテーブルは自動昇降テーブルになっており、ワークテーブルを上下することによって、厚さの異なる材料に対しても、速く正確に焦点を合わせることができます。   よく使用するジョブデータを内蔵のフラッシ ュメモリに保存できるようになり、コントロー ルパネルにはジョブデータの保存と削除のボ タンが追加されました。
これらの機能は1 つあ たり2MB までのジョブデータを10 個まで管 理できるように設計されています。
         
ディスプレイパネル   優れたメンテナンス性
Lepriには、シンプルで直感的に操作が可能なコントロールパネルが装備されています。
あまり経験の無い方でも、プリンタ感覚で容易にお使いいただけます。
  発振器、ボードの交換は、簡単な手順で行うことができます。
万一のトラブルにも複雑な調整等が、必要ないので安心してお使いいただけます。
         
エアアシスト
標準搭載されているエアアシストは、燃えやすい材料に対し、消火作業を行うとともに、冷却作用により材料の変形を防ぎます。また、加工後のガスや汚れを除去します。
 
赤色レーザーポインタ
標準搭載されている赤色レーザーポインタは、位置決めをするのに最適な機能です。プレビューツールとしても利用できるので、加工時における位置ずれ等が起こる心配が無くなります。また、エアアシスト、オートフォーカス機能も標準装備しています。
 
オートフォーカス
従来のオートフォーカスと違い、プランジャーによる磁気センサーを使用しており、透明なガラスやアクリルに対しても確実に応答します。また正確な焦点を保証するため、加工位置に近いところでセンシングを行います。
 
         
 
ベクターテーブル(ビルトイン) Windows7/Vista/XP及びインターフェース
ベクターテーブルが標準装備となり、且つビルトインされています。
テーブル上の板一枚を取り外せば、即ベクターテーブルになり、切断 加工が始められます。ベクターテーブルを使用することによって、切断した際のガスが下方へ抜けるので、切断面の美しい切り文字や、建築模型などのカッティング加工が簡単に行えます。
EPILOGレーザーでは、付属のドライバソフトウェアを使用することによって、Windowsの印刷機能を持つソフトウェア上のデータを、通常のプリンタに出力するのと同じ簡単な操作で出力、加工できます。ラスター、ベクター両方のデータが扱えすべての加工設定は、このドライバの設定画面で行えます。出力のパワーやスピードなどを割り当てることも可能です。
また、インターフェースは、10Base Ethernet及びUSBを標準装備しているので、既存のコンピュータ、LANに接続して、容易にレーザー彫刻環境を構築できます。
ロータリーアタッチメント(オプション)
  ロータリーアタッチメントを利用すればボトルやコップ・ロール目盛りなどの円筒状の素材に対しても直接加工が行えるようになります。異なる直径の素材に対して、自動で調節するので、スムーズに加工作業へと移行できます。
加工デモはこちら
 
 その他のオプション 

■ コンプレッサー
■ 脱臭集塵機あるいはブロアー
■ ピンテーブル

  
         


 
このページの先頭へ
Copyrightc1997-2005 Amagasaki Engraving Industry Co.,ltd. All rights reserved.